私にとっての時短調理とは

こんにちはー!ゆず胡椒研究家として活動している、あおさんです。

 

私は、ゆず胡椒研究家として発信をする前は、『ポリ袋調理』や『ホットプレート調理』など、時短調理を発信していました。

 

今回、記事を整理するにあたって、『時短調理』についての記事を別のサイトに作りたいと考え、新しくサイトを作ることにしました。

 

皆さまのお役に立てるよう、マイペースに更新していきますので、宜しくお願いいたします♪

 

今日は、私にとっての時短調理とは?について、記事をまとめます。

 

そもそも、時短調理とは、調理工程を簡略化するという意味で使われていると思います。

 

例えば、ポテトサラダを作る際に、じゃがいもを茹でると時間がかかるので、電子レンジで加熱するということも、時短調理に当てはまります。

 

調理工程を簡略化する意外にも、私が日々心がけていることがあります。

 

  • 洗い物を減らす、後片付けを簡略化する工夫
  • 食器や鍋などをすぐに取り出せるよう、物を増やさない
  • 色々な料理に使える、万能調味料を使う

 

この3つを心がけています。

 

今日は、この3つの要素について、具体的な例を挙げていきたいと思います。

 

洗い物を減らす、後片付けを簡略化する工夫

調理中、食後に必ず出てしまう、洗い物。

 

これは、避けては通れないものです。

 

広いおうちだったら、食洗機を置いて使えばいいだけのおなはしですが、

 

我が家のキッチンは、めちゃくちゃ狭いので、食洗機を置くスペースなどありません。

 

そんな我が家がよく使っている調理法が『ポリ袋調理』です。

 

私はこの2種類のポリ袋を使っています。

 

調理法が限られてしまいますが、使い終わったら捨てればいいので、めちゃくちゃ洗うものが減ります。

 

 

食器洗いに使うものも工夫があります。

 

我が家では、食器洗い用のスポンジは使っておらず、ダスターを使っています。

 

 

ダスターを半分に切って、1日1枚使い、食器用洗剤をつけて洗います。

 

終わったら、一通り拭いて、捨てるだけ!

 

これはめちゃくちゃメリットがありまして、

 

  • 食器用スポンジは時々消毒が必要ですが、毎日取り替えるので、消毒は必要なし!
  • 最後に、コンロやシンクなどをふけるので、キッチンがいつもピカピカに!
  • ダスター自体、そこまで高価ではないので、経済的!

 

時間も短縮できる上に、経済的!

 

まさに、一石二鳥ところか、一石三鳥です!!!

 

ホームセンターでは限られた種類のダスターしか取り扱破れていないことが多いですが、ネットでは無地のものや可愛い柄物がありますよ。

 

おすすめです!

 

 

我が家では、テーブル拭きや食器拭きはキッチンペーパーで行っています。

 

 

これも、フキンを使うと消毒が煩わしいという理由です。

 

キッチンペーパーにアルコールを吹きかけ、テーブルなどを拭いています。

 

終わったら、捨てるだけ!

 

食器を乾かす際は、ジョージジェンセンのキッチンタオルを使用しています。

 

 

使用しているというか、ジョージジェンセンのキッチンタオルの上に、食器を乗せて放置するだけw

 

 

使い終わったら、乾かせばいいので、後片付けも簡単です。

 

 

食器カゴだと、水垢が気になって頻繁に洗っていましたが、水垢ストレスもなくなりました♪

 

このように、調理工程短縮以外にも、洗い方や使うものを工夫することで、調理から後片付けまでの時間が大幅に短縮されますよ。

 

食器や鍋などをすぐに取り出せるよう、物を増やさない

私は、考える手間を減らしたいので、物を少なくしています。

 

料理を発信している身としては、ダメなことかもしれませんが…w

 

食器を増やすことで、コーディネートも気になってしまいますし、取り出しにくくなってしまうという、デメリットが生じてしまいます。

 

鍋も収納スペースに入る分だけを所有しています(現在は4つ)。

 

タッパーや琺瑯も最低限の数のみを所有し、作り置きをする場合は、ポリ袋を活用しています。

 

余分な物を減らすことで、考える時間が大幅に減り、時短にもつながります。

 

色々な調理に使える、万能調味料を使う

実は、私が別サイトで発信している、柚子胡椒も万能調味料のひとつではあります。

 

↓柚子胡椒について発信している、『ゆず胡椒専門マガジン』はこちら↓

https://miiiso.com

 

ドレッシングは使い勝手がよくないので、滅多に購入しません。

 

逆に、炒め物やカレーなど、あらゆるものに使用できる焼肉のたれは、必ず常備しています。

 

私が調味料を選ぶ際に気をつけていることは

  • 最低でも5つの用途に使える調味料か。
  • 他の調味料と合わせやすいか。

 

この2点を重視して、購入しています。

 

色々な用途に使える調味料は、それだけで味がばっちり決まるので、結果的に時短につながります(玉ねぎをすり下ろしたり、混ぜたりしなくていいので)。

 

調味料も増やしすぎると、考えてしまったり、悩んでしまい、時間を要する要因になってしまうので、最低限のものだけを常備するようにしています。

 

調理工程以外にも、時短につながる

時短調理といえば、調理工程のみをイメージする方が多いと思いますが、後片付けの方法や使う食器、収納方法など、結果的に時短につながる工程も多く存在します。

 

今一度、見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)